辰巳住研×まみたん
集合写真
家屋

当社モデルハウスにて、子育て情報誌のまみたん編集部さんと「子育てママの理想の住まい~暮らしを楽しむ住まいづくり~」をテーマに、当社でおうちを建てた先輩ママのえりさんとまみたん読者の子育て中のママ達で座談会を開催致しました。

えりさんの住まいづくりのポイントはもちろん、まだ家を建てたことのないママ達の本音トークもあり、家を建てる側の立場の私たちとしてもとても勉強になりました。

住宅の購入を検討している方も、今はまだしていない方も、暮らしを楽しむ住まいづくりのきっかけなると思いますので是非ご覧下さい♪

座談会にご参加頂いた子育てママのみなさま

  • えりさん

    当社でご自宅を建てて
    頂いた先輩ママ

    えりさん

  • 三角屋根に煙突のある素敵なおうち♪

    三角屋根に煙突のある素敵なおうち♪

  • あゆみママ

    あゆみママ

  • れなママ

    れなママ

  • ゆきこママ

    ゆきこママ

  • らんママ

    らんママ

  • みつみママ

    みつみママ

  • さゆりママ

    さゆりママ

子育てママの住まいのリアル

まみたん編集部
現在のお住まいを買った時の決め手や実際に暮らしてみて後悔したことはありますか?

みつみママ
子どもが産まれたら自宅の一室で仕事をすることを決めていたので、その部屋がある家を探していて、中古で戸建てを買い、リノベーションも入れました。ただ、妊娠する前に買ったので、妊娠中は階段の昇り降りがすごくきつくて…。夜中に何回もトイレ行きたくなるので、何回も階段降りたりとか(笑)子ども産まれてからも階段が危ないので、昼も夜も添い寝してます。
もし今買うんだったら、1階に寝る部屋があるとか、子育てするには平屋がいいなと思います。
まみたん編集部
さゆりさんとらんさんはマンションの決め手は何ですか?
さゆりママ
うちは人気の場所だったので物件情報が出たときにほぼ即決で買ってしまいました(笑)
実際に子育てをしながら暮らしてみると、もっと収納が欲しいなーとか出てきますよね。
らんママ
うちは2年前に新築マンションを買ったんですけど、書類しかない状態で主人が決めました。
主人がマンション派で、仕事の都合で博多にも空港にも近いというところが決め手みたいです。
私自身はずっと平屋の戸建て派で、いまだにあきらめてなくて早く引っ越したいです(笑)
少し都心から離れてもいいので平屋の広い家でゆっくり子育てしたいなと思います。
子育てをメインでするのは私なので子ども重視で考えたり、戸建てだと家事の動線を自由にできるのが魅力的だなあと思います。
あと、戸建ての実家では玄関開けてすぐ車が当たり前だったので、マンションだと車までの距離が遠いと感じます。

まみたん編集部
現在住んでいるお住まいについて、子育て中に変わったことや気づいたことはありますか?
あゆみママ
出産するまでベッドだったんですが、子どもの寝相が悪くてお布団に変えたんです。下はフローリングですが、ベッドにもどるのはまだ数年先になりそうです。二人目の産後は特にお布団だと起き上がるのも本当にキツイのですが、ベッドはまだ先だとあきらめてます。
れなママ
私の家は賃貸マンションなんですけど脱衣所が広いのは良かったなと思います。子どもがいると実家だと狭いなと思うことが多くて。 あとは、玄関の外にベビーカーとかを置ける広めのスペースがあったのは、住んでみたら意外と良かったところですね。ママ友が子連れで何組か遊びに来てもベビーカー置き場に困らないです(笑) 子どもがいて次選ぶとしたらそういうところを見るだろうなと思ってます。
ゆきこママ
我が家も転勤族なので今も職場近くの立地を優先した賃貸マンションですが、最近、2歳の息子が走り回ったり飛んだりするので下の階の方から苦情がきてしまって…今では4センチ+1センチのジョイントマットを敷き詰めています。戸建てならそういった騒音を気にしなくていいし、照明や壁紙とかを好きなものにできるのがいいなーと思います。転勤族だとまずはどの都道府県を終の棲家とするかも決めないといけないですけど…

理想の住まいづくりを先輩ママに聞く!暮らしの楽しみ方

まみたん編集部
先輩ママのえりさん、
辰巳住研さんで建てられたこだわりの注文住宅について教えてください。
えりママ
完成は2ヶ月くらい前なんです。 以前は平屋に住んでいましたが、中2と小5の息子もいて部屋数が足りなくなり、前の家からすぐ近くに建てることにしました。作るなら絶対三角屋根で暖炉をつけたいと思っていて。
まみたん編集部
以前は平屋だったのを
今回は二階建てにされたんですね?
えりママ
息子達から「なんでうちは二階がないの~?」と言われたりもして。老後を考えると平屋も良かったんですが…。
息子達がいずれは実家は出ていくことになるということも含めて、色々考えたんですが、実際に中学生になると、平屋だとリビングからのテレビの音とかいろいろ聞こえてテスト勉強が集中できないっていう話を聞いて。
次はプライベート空間があったらいいなと思って、子どものために二階建てにしました。
暖炉は私がつけたくて、最後まで悩んだんですが、後付けはしたくないので先につけました。
二階まであたたかいので、寒い日はつけてよかった!と思うくらい、暖炉はオススメです。
暖房も使いますが、薪ストーブだけで暖かくて、ピザとか焼き芋なんかも楽しんでます。
まみたん編集部
ステキですね!ご主人のご意見はどうだったんですか?
えりママ
主人はストーブでいいんじゃない?と言われたんですが(笑)、最後まで悩んで、つけたいならつけようという話になりました。
あと、私が陶器やインテリア雑貨も好きで、家具や照明も雑貨屋さんを巡ったりしてこだわりました。

まみたん編集部
確かにインテリアもいい雰囲気を演出してますね♪
ちなみに、子どもの1人部屋って
何歳くらいから必要ですかね?
えりママ
子どもにもよるかもですが、小学校3~4年生くらいからですかね。うちは二人の息子がいずれ家を出ていくことも考えて、二つの子ども部屋は小さめにとりました。
らんママ
うちも上の子が3年生なので、子どもは2階が好きっていうのを思い出しました。
お部屋、すごくステキです!
まみたん編集部
壁紙や照明も選べるのがいいですね!
自宅が自分の好きな空間だと、幸せな気分でいられますよね。
えりママ
好きな家具屋さんやアンティークショップを巡って自分の好みのものを見つけたり、ネットでも買ってみたり、自分がこだわった小物やインテリアを選んで揃えるのがほんとに楽しいですね。
ハンモックも付けたい!と思って最初につけました。下の娘も一緒にいたら抱っこしたまますぐ寝ます(笑)
そのあたりは主人とも好みが似てるから良かったです。

まみたん編集部
夫婦で好みが合ってると良いですが、
違う時はどう意見をまとめるかが難しいですよね…。
えりママ
ここだけはどうしても折れられない!というところはお互いありますよね。
でも家にいる時間はやっぱり女性が多いですしね。主人の意見も立てつつ、空間については私の意見もしっかり盛り込まれています。
まみたん編集部
ちなみに、ご主人のこだわりはどんなところだったんですか?
えりママ
2階の階段を上ってすぐのところにフリースペースを作ったんですが、筋トレスペースにするそうです(笑)
まみたん編集部
ご主人の趣味スペースがあるのもいいですね!
戸建てだとお庭にはどうされましたか?
えりママ
本当は庭も全面コンクリートにしたかったんですが、結果的には芝生+コンクリートになりました。
植栽が多いお家もよくありますが、実際、植栽が多いとお手入れが大変なので、小さいオリーブを植えたりしています。
まみたん編集部
なるほど、植栽も芝生もお手入れが必要なんですね。
頼めば費用はかかるし、自分でやるには難しそうですよね。
えりママ
あと、家族が帰ってきたのがかわからないと嫌なので、玄関を入ったらすぐにLDKが見渡せる作りにしていて。
家族とのコミュニケーションにも関係するので、その点も大事にしました。そういう希望が叶うのは、注文住宅ならではかもしれません。

子育てして気が付いた住まいのポイント

  • 妊娠中の階段の昇り降りがきつい。
  • 脱衣所の広さが大切。
  • マンションだと車までの距離が遠い。
  • 玄関先のベビーカー置き場の重要さ。
  • 子供の寝相が悪くてベッドでは寝られない。
  • 子供が走り回って下の階から苦情が。

などなど、実際に子育てしてみて初めて気が付く住まいのポイントって
こんなに多いんですね。

先輩ママの住まいづくりのポイント

  • 二人の子供が大きくなって部屋数が足りなくなってきたので平屋から二階建てを建てた。
  • 将来子供が出ていくことも考えて小さめに設計。
  • 絶対暖炉の付いた三角屋根が作りたかった。
  • 二階にはご主人のフリーペースも。
  • 子供のプライベート空間の為に二階建てにした。
  • ハンモックを付けたり、インテリアにもとことんこだわった。
  • 子供部屋は小学3~4年生くらいで必要に。
  • 家族のコミュニケーションを考え、玄関を入ったらすぐにLDKが見渡せるように。

お子様達、ご主人、ご自身、それぞれのことを考えて建てられたお家だということが
とても良く伝わってきます。

第2回はコチラ

楽しく建てて楽して暮らす

参加して下さったみなさまありがとうございました。当社としても今回の子育てママたちの本音トークはとても勉強になりました。
弊社のコンセプトである【Joyie! 楽しく建てて楽しく暮らす。】のご提案の参考にさせて頂きます。

お住まいづくりに興味のある方は一度
モデルハウスをご覧になってみませんか?

「大黒柱のある平屋」「中庭のあるジャパニーズモダンの家」「パノラマカウンターのある家」など様々なコンセプトのおうちが見学できます。 あなたの理想の住まいづくりのお手伝いをさせて頂きたいと思います。